泡洗顔とローションパックでお肌ぷるぷるに♪

本格的に寒くなってきました。

 

乾燥も気になる季節ですね!

 

こっくりした濃いめのクリーム、多機能な美容商品が揃うこの季節ですが、高い製品を使わなくてもお肌のために出来ることはあります。

 

 

お肌が乾燥しがちなこの季節、簡単お手軽にお肌に潤いを取り戻す方法をご紹介いたします!

 

まず大切なのは、毎日のケアの基本の洗顔です。

 

 

潤いは足すだけではありません、奪いすぎないことも重要なのです。

 

 

それと顔の皮膚は摩擦に弱いので、手でゴシゴシこすったりせず、泡で包み込むようにして汚れを浮き出たせるようにしてみましょう。

 

 

美容

 

なお、プッシュすると泡で出てくる洗顔料は、押すだけで泡が出てくるので手軽ではあります。

 

 

ですが、液体石鹸の中には添加物や洗浄力の強い界面活性剤の含まれているものがありますので、その点だけ注意した方が良いでしょう。

 

 

固形石鹸の場合は、泡立てネットなどを使うと簡単に泡が作れます。

 

最近は100円均一のお店でも、泡立てネットが売っていますが、なるべく網の目の細かいものを選ぶと良いと思います。

 

 

(網目が大きいネットは泡も荒い仕上がりになりがちです)

 

そして、すすぎですがこれも温度が高すぎてはお肌の潤いまで奪ってしまいます。

 

 

35度くらいまでのぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

 

 

(敏感肌、乾燥肌の人は30から34度までが良いようです

 


)

 

洗顔を終えたら、乾燥しないうちにローションパックで潤いを与えます。

 

 

ドラッグストアで医療用の大きめのガーゼが売っていたらそれが一番使いやすいです。

 

 

(置いてない場合は、普通の小さめのコットンパックか、フェイスマスクの形のものでも構いません。

 

)
大きいガーゼの場合は水に濡らしたあと、500円玉くらいのローションを垂らして全体に馴染ませます

 

 

それから、何層かになっていますのでそれを丁寧に剥がすようにして3から5枚くらいに分け、顔全体を覆うように被せます。

 

(息ができるように、鼻の穴の部分だけ空けておいて下さい。

 

)
その上からラップを落として馴染ませたら、そのまま10から15分くらい寝て待ちましょう。

 

 

目が隠れて見えないので、事前にアラームをかけておくのも良いですね!

 

お風呂上がりでしたら、そのまま布団やベッドで寝ながら時間がたつのを待ってもいいと思います。

 

 

(但し、ときどき化粧水が垂れてくるときがありますので注意)

 

小さめのコットンの場合は、細かくて少し大変ですがひとつずつ顔に乗せていけば大丈夫です。

 

 

フェイスパックの形のものは、全体的に厚みが足りませんので目元や特に気になるところへ化粧水を浸したコットンを追加で乗せると良いでしょう。

 

 

 

時間となり濡れたパックを外すとしっとりと絹を濡らしたような肌になります。

 

勿論、そのあとクリームや乳液で蓋をしましょう。

 

 

特別な美容液を使わずとも、プルプルお肌になりますよ!
毎日のケアにオススメいたします!!