化粧水パックでお手軽保湿

私は美容のために、毎日パックをしています。

 

ただ、パックと言っても、化粧水とコットンを使ったお手軽なものです。

 

 

コットンを使うときは、化粧水を染み込ませてパッティングする人がほとんどだと思います。

 

私もかつてはそうでした。

 

「安い化粧水では効果が無い」と信じ、高い基礎化粧品を揃えてスキンケアにいそしんでいたのです。

 

 

以前の私は、化粧水をコットンにとってパッティングしたあと乳液を塗り、寝る前にパックをしていました。

 

当時使っていたパックは市販のもので、口コミサイトで高評価だった商品を適当に購入して使っていました。

 

 

化粧水パックでお手軽保湿

 

しかし、高価な基礎化粧品を揃えて毎日パックをしていると、どうしてもお金がかかってしまいます。

 

食費や家賃のことを考えると、あまり美容だけにお金を費やすことはできません。

 

そんなとき友人から教えてもらった方法が、化粧水パックでした。

 

 

 

おすすめのパックのやり方

 

やり方はとても簡単です。

 

まず、パッティングする時よりも多めの化粧水を、コットンに染み込ませます。

 

そのあとコットンを4枚程度に剥がし、頬やあごに貼っていくのです。

 

化粧水の量が少なすぎるとはがれてしまいますが、コットンがひたひたになるまで染み込ませれば、ちゃんと張り付きます。

 

 

通常のコットンでもできますが、ドラッグストアには剥がせるタイプのコットンも売られています。

 

コットンが濡れた状態でも上手に剥がせるため、最近はこういった商品を愛用しています。

 

 

ただ、この方法では一度にたくさんの化粧水を使います。

 

私は高価な化粧水ではもったいないと感じ、安くて大容量のものを使っていますが、全く問題ありません。

 

保湿力が足りないということもなく、10分ほど化粧水パックをすれば肌の潤いを感じられます。

 

 

私が化粧水パックをするタイミングは、お風呂から上がったときです。

 

入浴後は肌が乾燥しやすいため、バスタオルで身体を拭いてパジャマを着たらすぐ始めます。

 

洗面所に化粧水とパックを揃えておけば簡単です。

 

 

そして、化粧水パックをしながらドライヤーをかけることで、風で肌が乾燥するのも防げます。

 

「パックしながら髪の毛を乾かそう」と決めることで、髪の毛を乾かさず寝てしまうことがなくなりました。

 

 

私はよく旅行に出かけるのですが、化粧水パックは旅行先でも活躍しています。

 

あらかじめコットンに化粧水を含ませておき、チャック付きの小さい袋に入れて持っていくのです。

 

こうすれば出先でも使えるので、泊まりが多い人にもおすすめのやり方です。

 

 

化粧水パックは、手持ちの化粧水とコットンで手軽に始められるスキンケアです。

 

高価な基礎化粧品を揃える必要もないため、気に入っています。

 

 

 

オススメ記事

 

美髪をつくるには?

 

プチプラ美容の必需品、ワセリンの達人になれ!